cats (4)

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の原点(故郷・山梨) - 2012.04.08 Sun

一昨日、用事があり東京へ行ってきた。
甲府を早朝5時30分に出発する高速バス。
このバス、平日なら特割り切符が利用でき、甲府‐新宿間が、
往復2,900円!つまり片道1,450円!
私は、このバスの超常連(笑)
2時間10分というのも添乗員を経験したら、全然苦ではない。

朝、家を出ると空は明るくなっているが、まだ太陽は出ていない。
バスに乗り込み、出発して10分くらい経った頃、
東の空から太陽が昇りだした、朝日である。
ご存知の通り、甲府は盆地。太陽は山々の間から顔を出す。
空は快晴、真っ赤に燃える、大きい大きい太陽を車窓から眺めた。
また、ちょうど桜の季節ということもあり、町のいたるところに満開の桜の木があった。
大学へ行ってからか、この時期のこの時間に山梨の町を走ることがなかった。
この自然が大好きで心地よく落ち着く。でもそれに気づいたのはいつだろうか。
中学生・高校生時代、山梨を出たくて、この山々に囲まれた閉塞感いっぱいの甲府盆地が大嫌いだった。
大学生になり、東京へ行き、派手で明るい世界がそこにはあった。
いろいろな人が集まり、がむしゃらに、そして端的に日々を過ごしている。
刺激的だった。そんな東京に暮らして7年。
やっぱり私の帰る場所は山梨しかなかった。でも、山梨は帰る場所なのである。
2か月後、私はこの小さな町・山梨から世界へと旅立つ。
数か月後、私はこの小さな町・山梨へと帰ってくる。
そして、またどこかへ自分の存在意義を求めて旅立つ。
どこかで迷子になったって、行く場所がなく行き詰ったって、帰ってくる場所はここ山梨。
今、私は誰よりも山梨が好きなのかもしれない。

もうすぐ、この盆地が濃いピンク色に染まる。
それは桃源郷という表現がぴったりの光景だ。

sakura3


sakura2

スポンサーサイト

世界一周します! - 2012.04.01 Sun

みなさんが、この準備段階のブログを目にするのは、きっと私が旅立ってからです。

周囲にはあまりオープンに旅の計画を口にしてきませんでした。
言葉にすることで、なんだか軽く思われるんじゃないか、
実行できなかったらどうしよう、なんて、くだらないこと考えている自分がいます。

幼い時から、国内・海外問わず、いろいろなところにつれていかれました。
記憶なんてほとんどないけど、今の私をつくっているのはその時の体験や感覚なんだと思います。

いつしか大人になり、旅行ってタダで行けるものではないし、
行けるところも限らていることに気づきました。
“旅できること”それは当り前ではない。

「いつか世界一周したいね~」そんな何気ない会話から始まった、私たちの物語。
そう、夢のような世界一周を夢のままで終わらせたくなかったのです。

最初はふんわり、ぼんやり。
具体的なことなんて全然考えていなかったけれど、社会人となり、
自分で働いたお金を手にして、貯金額に目標をたてました。
それから3年。出発する日が決まりました。

旅に出る前、大学卒業後2年2か月で仕事を辞め、「長期で旅行に出かけるのだから(内心)」
と定職に就かず、派遣添乗員の仕事をしていました。

それは、とてももどかしい日々だったのです。

派遣が悪いとは思いません。
ただ、同級生はみんな社会の一員として立派に仕事をこなしていました。
そんな姿を見るたびに、劣等感?なのか焦燥感?なのか複雑な気持ちにかられていたのです。
私だけ、取り残され、時間がずっと止まっているかのようでした。
もっとしっかり働きたい!けど、今定職に就くわけにはいかないし…
自分の社会的な存在意義が感じられない中、わずかな添乗をこなし、だらだら過ごす日々が続きました。

あれから9か月。
正直、「旅したい!」と心のうちに秘めていた熱いものを失いかけていました…
それは同時に自分自信をも失いかけていたことだったのです。

現状に甘えている自分がどこかにいて、「旅行なんかいっかー」なんて、
そのままあやふやにしてしまいそうでした。

ついこの前まで忘れていたのです、昔の気持ちを。
でも、気づかせてくれたのです。

だから今、私は旅に出られることで、いてもたってもいられないほどの、
わくわくドキドキでいっぱいになりつつあります。楽しみでしかたないのです。

この旅は私にとって、きっと大きな何かをもたらしてくれると期待しています。
私が未来へ進むための、手掛かりがあるはずだと…
ただ旅するのではなく、旅を課題として、常に考え行動する自分でありたい。

今回、私がなんのためらいもなく世界を旅しようと決めることができたのは、
一緒に行こうといってくれた友人の存在も大きいです。
A型とB型。同じ大学だったら絶対に友達にはならなそうな私たち。
まるで磁石のNとSのような性格だけど、旅にかける想いは同じ。
お互いを尊重し、思いやり、協力して旅をしたいと勝手に心に決めています。

こうして旅に出ることができるのも、私たちだけの力ではありません。
背中を押してくれた神様、両親、友人、大切な人へ感謝の気持ちでいっぱい。
心からありがとう!を伝えたいです。

あとは元気な体とすてきな笑顔で日本へ戻って来ることが私たちの目標。
そのための準備を今から2か月間しっかりしていきます。

私にとって旅は充電。必ず、パワーアップして帰ってきます!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ゆー。

ゆー

Author:ゆー
世界一周の旅は夢でした。

夢の中にいる今、
旅している間に新たな夢を探します。

人間の記憶力なんてちっぽけ。
こんな最高に楽しい日々を日記にして書き留めます。

たまには有益な情報もあるので
これから旅に出る人はぜひ参考にしてください。

twitter

Twitter ブログパーツ

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

未分類 (12)
はじめに (2)
準備 (6)
ごはん (1)
国境越え (21)
*favourite photo* (4)
1か国目 中国 (1)
2か国目 ラオス (8)
3か国目 ベトナム (12)
4か国目 カンボジア (52)
5か国目 タイ (10)
6か国目 ミャンマー (7)
7か国目 スリランカ (10)
8か国目 ヨルダン (2)
9か国目 イスラエル (3)
10か国目 エジプト (10)
11か国目 タンザニア (15)
12か国目 ケニア (2)
13か国目 トルコ (2)
14か国目 マケドニア (5)
15か国目 モンテネグロ (3)
16か国目 クロアチア (8)
17か国目 イタリア (5)
18か国目 スイス (1)
19か国目 フランス (1)
20か国目 モロッコ (9)
21か国目 スペイン (15)
22か国目 ポルトガル (9)
23か国目 ペルー (27)
24か国目 チリ (13)
25か国目 ボリビア (9)
26か国目 エクアドル (6)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。