cats (4)

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマー情報【2012年8月】 - 2012.09.12 Wed

【滞在期間】2012年8月13~21日

【利用フライト(Air Asia)】
8月13日 BKK(16:50)→ RGN(17:35) FD3772
8月21日 RGN(8:35) → BKK(10:20) FD3771
料金は往復で13,000円前後だった気がします

【行程】
8月13日 ヤンゴン泊
8月14日 車中泊    夜行バスにてバガンへ
8月15日 バガン泊   長距離移動の後なのでまったりrelax day
8月16日 バガン泊   ポッパ山1day trip
8月17日 バガン泊   オールドバガン散策
8月18日 車中泊    夜行バスにてヤンゴンへ
8月19日 ヤンゴン泊  ヤンゴン散策
8月20日 ヤンゴン泊  休み?笑
8月21日 早朝空港へ

【お金】
150$分を現地通貨Kyat(チャット)へ
その他、到着日空港→ゲストハウスのタクシー代10$、
バガン入域料10$、宿代38$を米ドルにて支払い
支出総額 208$

【両替】
東京ゲストハウス向かいにあるTUN FOUNDATION BANKにて
1US$=866K(2012年8月14日)
日本円で考える場合は、ゼロを1つ取るといいらしいです

レートは空港も同じだったような気がするのだけど
町中の闇両替では1US$=900Kと声をかけてきた人もいた
日本円もアウンサンスーチンマーケット内でできるとか?
日本円のレートはかなりいいらしい

【宿事情】
私が訪れた時はヤンゴン内の宿はどこも混んでいた様子
私は直接「東京ゲストハウス」に向かって運よく宿泊できたが
満室で断られた日本人旅行者もいたし、
外人さんに聞くと2、3軒は満室で入れなかったとも言っていた
需要(旅行者)が増えていくなかで、
供給(ゲストハウス)が追い付いていない印象
そのためか宿の値段も高く感じた
地球の歩き方に掲載されている金額の2割増しくらいは覚悟が必要

●東京ゲストハウス(ヤンゴン)
1泊はツインの部屋を1人で利用して16$ 
2泊はツインの部屋を2人で利用して1人11$
シャワー・トイレは共同、エアコン・蚊帳・バスタオル、朝食付き
日本人オーナー金子さんが経営
お値段は高いが日本人が集まるということ、
情報ノートの内容が非常に充実しているということ、
スタッフが日本語堪能で親切・丁寧なこともあり、
ミャンマー旅の初日だけでも利用するとメリットはあると思う。
wifi使用可能!

●イーデンモーテル?(バガン)
ツイン18$
シャワー・トイレ、バスタオル、エアコン付き
一度も食べなかったけど朝食もついているらしい?
改修工事をしていて反対側の部屋には窓があり竹の壁でおしゃれだった
オーナーは英語を話せて、とてもフレンドリー
wifiなし!

【交通事情】
●空港→ヤンゴン市内 約1時間 
空港内のタクシー乗り場で申し込むと10$
外に出て拾うと7$まで値切れるらしい
バスはもっともっと安い
●ヤンゴン市内→空港 タクシー 交渉 5000K
●長距離バス 
ヤンゴン→バガン(ゲストハウスで手配)14000K
バガン→ヤンゴン(バス会社で購入)   13000K
バスは大型観光バスを使用しているので快適
バガンまでは整備されている道だが、
その先マンダレーやインレー行きはかなり悪路なよう
休憩は2~4時間に1度(レストラン)につく

【食事】
1000~2000K出せばレストランでちゃんとした食事がとれる
それ以下となるとローカルの食堂や屋台になり、少し衛生的に不安が残る
ミャンマー料理のモヒンガは500K

【ビザ】
バンコクで取得。詳しくはブログのミャンマーVISA(タイ編)を読んでください
●必要なもの
写真、パスポート、パスポートのコピー
航空券のコピーがあってしかも翌日のフライトだと簡単に即日発行してくれる
●代金
通常(翌々日受け取り)810B
翌日 1035B
即日 1260B
●ミャンマー大使館
場所:BTSスラサック駅から徒歩5分
時間:9:30~ 午前が申請、午後は受け取り

私が訪れた時、ミャンマーはこれからもっともっと発展していく気配を感じた
ゲストハウスにはミャンマーで起業しようとする人々がたくさんいた
ヤンゴンにウェスティンなどの外資のホテルが入ってくるらしい
10月には全日空から成田→ヤンゴン便が飛び日本企業も進出してくるだろう
ミャンマーがお隣タイのように発展していくのは、そう遠い未来ではなさそうだ

これから変わりゆくであろうミャンマーの地をこのタイミングで訪れることができたのは
良かったと思う。まだまだ観光化しきっていないミャンマーの良さを感じることができた
今回行けなかった、インレーとマンダレーはまた次回リベンジしたいと思う
今のところ空路で出入国しないといけないという不便さはあるが、
だからこそ破壊されていない守られたミャンマーを見ることができるので
ぜひお時間あれば訪れてみてください!

s-EPL12455.jpg




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://takochu1986.blog.fc2.com/tb.php/91-c863d869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

98日目 ボランティア13日目 «  | BLOG TOP |  » 水中写真家・舘石昭

ゆー。

ゆー

Author:ゆー
世界一周の旅は夢でした。

夢の中にいる今、
旅している間に新たな夢を探します。

人間の記憶力なんてちっぽけ。
こんな最高に楽しい日々を日記にして書き留めます。

たまには有益な情報もあるので
これから旅に出る人はぜひ参考にしてください。

twitter

Twitter ブログパーツ

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (12)
はじめに (2)
準備 (6)
ごはん (1)
国境越え (21)
*favourite photo* (4)
1か国目 中国 (1)
2か国目 ラオス (8)
3か国目 ベトナム (12)
4か国目 カンボジア (52)
5か国目 タイ (10)
6か国目 ミャンマー (7)
7か国目 スリランカ (10)
8か国目 ヨルダン (2)
9か国目 イスラエル (3)
10か国目 エジプト (10)
11か国目 タンザニア (15)
12か国目 ケニア (2)
13か国目 トルコ (2)
14か国目 マケドニア (5)
15か国目 モンテネグロ (3)
16か国目 クロアチア (8)
17か国目 イタリア (5)
18か国目 スイス (1)
19か国目 フランス (1)
20か国目 モロッコ (9)
21か国目 スペイン (15)
22か国目 ポルトガル (9)
23か国目 ペルー (27)
24か国目 チリ (13)
25か国目 ボリビア (9)
26か国目 エクアドル (6)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。